About Kindergartenとは

保育理念

経営基本理念

園を利用された保護者様から「ここに預けて良かった」と思ってもらうための経営を継続する。

子ども達から「また来たい」と思ってもらえる保育を実践します。

運営基本理念

多彩なサービスがその利用者の意向を尊重して、総合的に提供されるよう創意工夫をすることにより、利用者が個人の尊厳を保持しつつ、心身ともに健やかに育成され、またその有する能力に応じた日常生活を、地域社会において営むことができるよう支援する事を目的として管理・運営を行う。

Ⅰ.保育理念

「生き生きとした子どもを目指します。」
(児童福祉第1条に定める児童福祉の理念に基づき運営を行う。)

「より良い家庭関係を支援するため当園を利用される方々
(子ども・保護者・地域)に最善をつくすことを誇りとする。」

Ⅱ.保育方針

・0~2歳児という人格の形成に重要な時期のお子さまをお預かりしているという意識を常に持ち、誠心誠意、保育にのぞむ。

・家庭と協力し、子どもの最善の利益はもちろん、保護者(家庭)の最善の利益も同時に追求し、子どもも保護者も笑顔になれる保育を目指す。

・子どもと応答的で丁寧な関わりを日常的に持つことで、子どもの自己・他者・環境への肯定感を育み、非認知的能力を育て、これからはじまる社会生活を営むためのエネルギーの基盤を築く。

・お友だちや先生と保育園ならではのさまざまな体験をし、たくさんの興味あることや楽しいことに出会う。

・どんな姿の子どももありのまま受け止め、その子のペースにあわせた成長・自立への援助を行う。

・子どもの24時間の生活を視野に入れ、保育園でも家庭でも子どもが元気にすごせるように生活リズムを整える。

・毎日の戸外活動(水遊び)をとおして、自然に親しみ、季節に親しみ、寒さ・暑さに負けない体をつくる。

Ⅲ.まとめ

Kindergartenでは、家庭的な保育環境をこころがけ、お友だちや先生と、たくさん遊び、たくさん甘え、自分は「愛されている」「守られている」という気持ちをしっかりと育めるような保育を目指しています。