年の瀬迫る。

今年もあと残り少しとなりました。

 

皆様はどんな一年だったでしょうか!?

 

私は2児の父となり、育児に追われながらグループ園をを管理しながら

 

時が過ぎ去っております。

 

育児の大変さ。  年子でもあり、なお大変さ2倍。・・・・でも頑張れる。 ・・・・・

 

家族のため、仲間 (保育士さんスタッフさんのみんな)のため、利用していただけるご家族様のため・・・・。 

 

本当にこどもは灌漑深いです。

 

不思議な力を与えてくれるもの。

 

あっという間に年の瀬ですが、気がつけばもうそんな時期なんだというのが今の心境です。

 

平日昼間にできる仕事。こども達が寝てくれてからようやくできる仕事。

なかなか寝つかない場合は、明け方に仕事をするなど

働き方改革がここ2年くらいありました。

 

私(代表)が特殊な環境下にあるため、一般のパパ達よりこどもと接する時間が

以上に確保できているのはうれしい限りですが、その環境下で体験(イクメン)していることが

非常に貴重なことと感じています。

 

今でも出産の立会から夜通し続く母親の頑張りが脳裏に描けれます。

泣いて、おっぱいをほしがり、また寝ていく・・・・・母親は休むことのできない無休営業状態の中

本当に頑張ってくれます。

そんな中、大概夫婦でいざござやすれ違いが生じるものかと思います。

 

ですがそうなる心情もいだけます。

 

また母親は家族や周りには理解できない配慮と努力・・・・など。

 

本当に育児は大変なものです。まだ仕事していた方が楽ではないのかと思うぐらいに。

 

世の中のお父さん。お母さん。子育て本当にお疲れ様です。

私も責任を持って20歳まではしっかり立派に育てあげたいと思います。

 

気持ち的には座れるようになるとだいぶと安堵されるのではと思います。

 

保育業をはじめて、10年になります。

 

仕事と保育にはそれなりに誇りを持っています。

 

 

 

また、産まれてまだ1年2年でこどもに何を求めるかということも考えさせられる。

 

世の中の風潮として保育園へいけば乳幼児の教育や園での方針論がいろいろあるが、

 

0歳から2歳児まではこども達に何か求めること何かをさせることは極めて難しい局面が多々あります。

こども達に求めすぎてもよくないし、押し付け過ぎてもよくないはず。

自然にあそびの中から、こども達はたくさんのことを学び、吸収し、発揮します。

保育者はその援助の担い手にまわるべきなのです。

教育者ではなく保育者だということを。

 

これが弊社(kindergarten)が 念頭に置く保育の根本的な考え方です。

 

もちろん3歳児になれば教育という幼稚園での機関は妥当です。

0~2歳児さんはとても繊細で素直な状態です。

 

 

私が愛読する漫画

IMG_6029.jpg

命の大切とこどもの気持ちと人としてどうあることが大切か

とても丁寧にかかれています。是非どうぞ読んでみてください。

お気軽にお問い合わせください。クロスロードへのお問い合わせは 059-364-8558
クロスロードへの保育事業フランチャイズのお問い合わせ